logo |

規制機関

    すべての規制当局
    FCA ASIC NFA FMA SFC CGSE CYSEC FSPR CFFEX VFSC FSC FINMA FSA CIMA MFSA DFSA SCB BaFin FSA BDF CBR NBRB FSCA CBI FSC CNMV IFSC BAPPEBTI SECC MAS
    Financial Services Agency

    Financial Services Agency

    金融庁(FSA)は、外国為替ブローカーを含む日本のすべての金融サービスプロバイダーを規制しています。 FSAの最終目標は、国の金融システムを維持し、安定性を確保することです。また、証券投資家、保険契約者、預金者の利益を保護する責任もあります。計画とポリシー、金融サービスプロバイダーの監督、証券取引の監督、民間金融機関の見直しなど、さまざまな方法で目標を達成しています。 FSAの当初は行政機関に過ぎませんでしたが、2001年に日本の内閣府の外部代表になったとき、その責任は拡大しました。金融再構築委員会の責任を引き継ぐだけでなく、支払不能の金融機関も引き継ぎます。今日、FSAは日本の財務大臣に説明責任を負い、幅広い責任を負っています。

    • 権限

    • 公正

    傘下ブローカー :

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください