logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     XM    >     コンテンツ

    XM:独占取材 EAワールドカップ

    概要:今回、WikiFX主催された【EAワールドカップ大会2021】にスポンサーとして参加していただきました。本日、WiKiFXでは、XMのマーケティング部の担当者が、FX取引についてインタビューに応えてくれます。

      XMは長年にわたりFX業界をブローカーしてきた、世界中に常に注目されています。 2009年の設立以来、XMは500万人以上の顧客にサービスを提供し、大規模かつ国際的に有名な投資会社として業界をリードするまでに成長しました。今回、WikiFX主催された【EAワールドカップ大会2021】にスポンサーとして参加していただきました。本日、WiKiFXでは、XMのマーケティング部の担当者が、FX取引についてインタビューに応えてくれます。

       1.周知のようにXMは10年以上の歴史を持つ有名な証券会社ですが、この10年の間にこれほどまでに目覚ましい成果を上げたのは、他の証券会社にはないXM独自の強みがあるのではないでしょうか?

      A:弊社は専門知識に加え、世界30種類以上の言語でサービスを提供し、お客様の投資目標の達成をサポートする専門チームとリソースを保有しています。 現在は196カ国で500万人以上の顧客を持ち、最大888:1のレバレッジ、0.6pipsという低いスプレッド、複数の厳しい国際規制の対象であることなど、業界の優位性がXMをさらに顧客に人気のあるものにしています。

      2.ここ数年のXMの取り組みとして、ユーザーの資金に対するセキュリティや規制について教えてください。

      A:お客様のお金の安全性を確保することは、XMの最優先事項です。また、25種類以上の支払い方法があり、利便性と安全性を最大限に高めています。 また、XMはASIC(オーストラリア)、CySEC(キプロス)、DFSA(ドバイ)、IFSC(ベリーズ)、FSA(セイシェル)の認可と規制を受けており、顧客の資金の安全性は保証されています。

       3.WikiFXはEAワールドカップが開催されていますが、世界の投資家に向けて一言お願いします。

      A:これはトレーディング能力を示すチャンスです!あなたは最高の投資家だから、頑張れ!

       4.AI(人工知能)の発達に伴い、FXのEA取引を重要視する投資家が増えていますが、今後のEA取引の動向はどうなるのでしょうか?

      A:まず、XMはEA取引に対応しています。専業投資家だけでなく、働いている方も多く取引に参加しています。 EAは誰にとっても利便性が高いことは間違いなく、システムソフトウェアや技術の継続的な向上により、今後のEA市場の発展の余地はまだまだあり、より多くの人がEAを選択することになると思っています。

       5.投資家はどのように自分に合ったEAを選べばよいのでしょうか。

      A:より多くEAソフトウェアをダウンロードして比較し、デモ口座でライブ運用し、定期的にレビューすることをお勧めします。 利益、難易度、費やした時間など様々な次元で比較し、最も適したEAを選択することができます。

       6.統計によると、市場に出回っているEAの大半は信頼性がないのでは? どうすればリスクを回避できるのか?

      A:まず、正式なチャネルにEAを見つけることで、次に、損失リスクを避けるために、実際のアカウントで直接EAをテストすることを避けることです。テスト用のデモ口座を増やし、例えば2ヶ月など期限を設け、5つのEAをテストし、自分に最も適したEAを見つけてから、実際の口座に適用してください。

       7.現在、XMがEA取引ユーザーに提供している特別なサービスとは何ですか?

      A:現在、EA取引のインストールのチュートリアルを提供しており、XMのウェブサイトでご覧いただけます。また、EAのインストールに関する詳細については、平日の24時間はいつでも、オンラインカスタマーサービスにお問い合わせいただけます。

       8.XMの事業構造改革と来年度の計画について教えてください。

      A:XMは常に時代の流れを沿え、お客様のためにオーダーメイドの商品とサービスを提供しています。2022年、XMはこのコンセプトを継承し、より多くの特典と商品を皆様にお届けします。

       9.新型コロナウイルスはまだ拡大している中、今後、外国為替市場に与える影響はどのようなものだと思われますか。

      A:年に数回の流行期があり、ある国でパンデミックが起きると、その国の失業率などの指標が影響を受け、その国の経済、通貨の上昇・下落に影響を与えます。パンデミック期間には金などの安全資産が投資家に求められることになります。逆に全体の取引量としてはプラスで、在宅ワークの方が多いので、取引を見ている時間が多く、パンデミックが為替市場に与える影響はあまりないのではと思います。そのような特別な時に、人々はブラックスワンを避けるために、取引時にストップロスを設定するようにしてください。

       10.2022年の外為市場で投資家がすべきことは何か?アドバイスをお願いします。

      ファンダメンタルニュースにもっと注意を払い、ストップロスを設定し、価値の保護された通貨や安全資産などを長期的に保有することをお勧めします。

       XMについて:

      2009年に設立されたXMは、長年金融業界で活躍してきた450名以上のプロフェッショナルを擁し、196の国と地域から500万人以上の顧客にサービスを提供するグローバルなブローカーに成長しました。現在XMは、ベリーズ国際金融サービス委員会IFSC(規制番号000261/106)、キプロス証券取引委員会CySEC(規制番号120/10)、オーストラリア証券投資委員会ASIC(規制番号443670)およびドバイ金融サービス機構DFSA(規制番号F003484)の規制を受けます。

    続きを読みます

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください