logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     CPT Markets    >     コンテンツ

    CPT Markets:独占取材

    概要:先日、WikiFXが第1回EAワールドカップ・グローバル取引コンテスト2021を開催し、スポンサーの1つであるCPT Marketsがインタビューを受けました。

      先日、WikiFXが第1回EAワールドカップ・グローバル取引コンテスト2021を開催し、スポンサーの1つであるCPT Marketsがインタビューを受けました。

       1. より多くのWikiFXユーザーに理解してもらうために、貴社のプラットフォームを簡単に紹介してください。

      CPT Marketsは、国際的なデリバティブと関連サービスを提供するリーディングカンパニーです。2008年にイギリス・ロンドンに本社を設立後、短期間でグローバル展開に成功しました。最近では、インド、アフリカ、南米をターゲットにしています。CPT Marketsでは、お客様との長期的な関係を築き、最も安定した取引環境を提供することに重点を置いています。私たちのビジョンは、世界を導くブローカーになることであり、最も競争力のある価格とサービスを提供する外国為替ブローカーであることを誇りに思っています。

       2. EAワールドカップのスポンサーになる必要があると考える理由は何ですか?

      金融派生商品取引に関して言えば、EA取引は何年前から存在する成熟した技術です。EA取引を利用している、あるいは模索している多くの顧客が、CPT Marketsをプラットフォームとして選択しています。このイベントは公開で透明性のあるグローバルな取引であり、すべての投資家が自分のスキルを披露する機会です。常に、CPT Marketsを選択し、EA取引を楽しんでいる全てのクライアントが十分に認識されることを望んでいますが、同時に、まだCPT Marketsをプラットフォームとして選んでいないお客様も、心を込めて作り上げた取引プラットフォームを、お試しいただけることを楽しみにしています。

       3. 今回のEAワールドカップで感じたことをお教えでください。

      世界中の経験豊富な投資家が今回のイベントに参加し、優れたEA戦略や取引スキルを適用しているのを目の当たりにし、大変嬉しく思っています。どの投資家も取引戦略を調整し、多角的な取引姿勢と的確な判断力を発揮するために多くの努力を払っていると感じています。

       4. イベントの表彰は2022年2月15日に行われる予定です。なお、コロナの影響で、世界中の受賞者が来日し、賞を受けることができません。受賞者に向けて、最も伝えたいことは何ですか?

      CPT Marketsは、すべての受賞者にお祝いを申し上げます。受賞者の皆さんは他の何百人の投資家の中で際立っていました。十分な準備をした投資家が、終始冷静かつ勇敢に様々な難題を克服することができると信じています。この栄誉が輝かしい、今年の大賞受賞者は十分に値する栄誉です。CPT Marketsは、改めて受賞者の皆様にお祝いを申し上げます。この賞は、常に自分自身を信じることが大切であることを証明しています。

       5. WikiFXは来年もEA取引コンテストを開催する予定です。来年の取引コンテストへの期待についてお聞かせください。

      WikiFXが来年もこのイベントを開催することができ、世界中からより多くの投資家が参加することになると感じています。報酬プログラムに関しても、スポンサーが増えれば増えるほど、報酬も大きくなることが予想されます。このように、将来的にはこのイベントへの潜在的な利用者が増えることが感じています。「彼を知り己を知れば百戦殆からず」ということわざがあるように、参加者が増えれば増えるほど、取引戦略も難易度が上がり、躍動的なものになるはずです。

       6. WikiFXが来年もEAワールドカップの開催することが欲しいですか。なぜですか?

      もちろんです。このイベントが毎年開催されることを望んでいます。参加者が世界中に広がるだけでなく、様々な取引ブローカーやプラットフォームを認識することができるからです。

       7. 過去2年間コロナの影響で、貴社のビジネスはどの程度を受けましたか?

      多くの企業が2021年のパンデミックの影響で困難に直面していることを理解しています。ただ、私たちは積極的に当社のサービスを宣伝し、世界中のさまざまなオンラインおよび対面式の展示会に参加し続けていきます。一方、私たちは、お客様がいつでも、どこからでも、複数のお問い合わせ先を通じてつながることができるよう、オンラインサービスモデルを強化し、物理的な制約を最小限にします。

       8. 貴社の製品やサービスに対するユーザーの評価はいかがですか?

      ユーザーからは、当社の優れたサービスや製品にいつも信頼を寄せていただいています。また、市場の変化にタイムリーに対応することでも知られており、規制や標準に常に準拠しながら、非常に柔軟な対応を行っています。

       9. 2022年に向けての抱負やビジョンについて簡単に紹介してください。

      来年のビジョンは、主にグローバルに展開し続けることです。現在の市場は、様々な経済的・環境的要因で製品需要が変化しており、証券業界も同質化・競争激化の様相を強めています。そのため、私たちは、常に変化し続けるトレーディング・エコシステムに対応できるようなサービスの向上を目指していきます。

       10. 最後に、世界中の何千万人ものWikiFXユーザーの皆様に一言をお願いします。

      世界中のすべての参加者に心から祝福させて頂きます。このようなイベントにご知見をぜひとも受けていただきたいです。また、次回のセッションでお会いできるのを楽しみにしています。

    続きを読みます

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください