logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    ユーロ圏インフレ率、12月前年比+5%で記録更新 エネルギー高騰

    概要:[フランクフルト 7日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が7日発表した12月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は、前年比上昇率が5%となり、過去最大だった11月(4.9%)を上回った。引

      [フランクフルト 7日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が7日発表した12月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は、前年比上昇率が5%となり、過去最大だった11月(4.9%)を上回った。引き続きエネルギー価格が押し上げ要因となった。ロイターがまとめたアナリスト予想(4.7%上昇)も上回った。

      エネルギー価格は前年比26%上昇。加えて食品、サービス、輸入品の価格も欧州中央銀行(ECB)の物価目標(2%)を大幅に超える上昇となった。

      物価上昇の背景には、供給網の目詰まりがある。

      欧州中央銀行(ECB)はインフレ率が今年末までに2%を下回ると予想するが、理事会内では見通しが甘いとの声もある。

      ECBが注目する食品とエネルギーを除いたコア指数は前年比2.7%上昇。前月(2.6%上昇)から伸びがやや加速した。

      食品とエネルギーに加え、アルコール、たばこを除いたベースでは前年比2.6%上昇で、前月から変わらずだった。

    続きを読みます

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください