スコア

0123456789
.
0123456789
0123456789
/10

TD Ameritrader

アメリカ合衆国1年間以内
疑わしいライセンス疑わしい事業範囲経営認可制限を超過している疑いがありますハイリスクレベル
https://td-ameriforex.com/index3.html
口座開設
タイムマシーン

設立日

1年間以内

登録国

アメリカ合衆国

規制状況

クローンの疑い

レーティング

連絡先

support@td-ameriforex.com
https://td-ameriforex.com/index3.html

ライセンス情報

VPS Standard WikiFX VPSの最もお手頃なプランです / どんなFX業者のMetaTraderでも稼働可能です

デュアルコア・プロセッサー
2Gメモリー
60Gハードディスク

いつでも確認することが可能です

詳細はアプリをダウンロードしてご確認ください

注意:WikiFXでの評価が低すぎます、利用しないでください 6
前回の検出 : 2024-02-24
  • このブローカーには現在、有効なライセンスが確認されていません。リスクにご注意下さい!
  • このブローカーが主張するアメリカ合衆国 NFA規制(ライセンス番号:0558619)はクローンの疑いがあります。ご注意下さい!

WikiFX検証

TD Ameritrader を閲覧したユーザーはこちらも閲覧しています..

XM

9.03
スコア
10-15年間オーストラリア規制フルライセンス(MM)MT4 / 5フルライセンス
ウェブサイト

FXGT.com

7.61
スコア
2-5年間キプロス規制フルライセンス(MM)MT4 / 5フルライセンス
ウェブサイト

Decode Global

8.35
スコア
5-10年間オーストラリア規制フルライセンス(MM)MT4 / 5フルライセンス
ウェブサイト

FXCM

9.46
スコア
20年間以上オーストラリア規制フルライセンス(MM)MT4 / 5フルライセンス
ウェブサイト

TD Ameritrader · 会社概要

アスペクト 情報
会社名 TD Ameritrade
登録国/地域 アメリカ合衆国
設立年 2023
規制 NFA(非認可)
最大レバレッジ 1:50
スプレッド 資産クラスと市場状況による可変
取引プラットフォーム MT5
取引可能な資産 株式、ETF、オプション、先物、外国為替、仮想通貨、商品
口座タイプ オールインワン口座
カスタマーサポート Email(support@td-ameriforex.com)
入金と出金 銀行振込、ACH、電信送金、小切手入金
教育リソース 限定的

TD Ameritradeの概要

米国を中心に活動する有名な証券会社であるTD Ameritradeは、2023年に設立され、全米先物協会(NFA)の規制を受けています。ただし、「非認可」とされることはコンプライアンス上の懸念を引き起こす可能性があります。提供される最大レバレッジは1:50であり、一部のレバレッジを提供しますが、より高いレバレッジ比率を求めるトレーダーにとっては制限があるかもしれません。

MT5取引プラットフォームを利用して、TD Ameritradeは株式、ETF、オプション、先物、外国為替、暗号通貨、商品など多様な取引可能な資産を提供しています。アカウント構造はオールインワンタイプに統合されており、ユーザーの取引プロセスを簡素化しています。カスタマーサポートは主に提供されたメールアドレスを通じてメールで運営されており、ライブチャットや電話などのより即時のサポート方法と比較して、応答時間に影響を与える可能性があります。

TD Ameritradeの概要

TD Ameritraderは合法か詐欺か?

TD Ameritradeは現在、全米先物協会(NFA)による先物取引業者(FCM)として規制されていません。これは、TD Ameritradeがアメリカ合衆国で将来の取引サービスを提供する権限を持っていないことを意味します。

TD Ameritradeは、2009年から2017年までNFAによってFCMとして規制されていました。しかし、TD Ameritradeは2017年に自主的にFCMライセンスを返上しました。

Is TD Ameritrader legit or a scam?

メリットとデメリット

メリット デメリット
取引手数料が低い 規制されていない
幅広い市場 高度な教育ツールの不足
優れた顧客サービス 初心者にとっての複雑さ

メリット:

  • 低い取引コスト:TD Ameritradeは競争力のある取引コストを提供しており、取引活動に関連する総費用を削減する可能性があります。これは、取引手数料を最小限に抑えて収益性を最大化しようとするトレーダーにとって特に魅力的です。

  • 総合市場: このプラットフォームは、株式、金や原油などの商品、ビットコインなどの仮想通貨、さまざまな通貨ペアなど、幅広いグローバル市場へのアクセスを提供しています。この幅広さにより、トレーダーはポートフォリオを多様化し、単一のプラットフォーム内でさまざまな投資機会を探ることができます。

  • 優れた顧客サービス:TD Ameritradeは、包括的かつ地域に密着したサポートを提供することで知られており、さまざまなチャネルを通じてサービスを提供しています。これには、問い合わせや問題に対する専門的なサポートが含まれており、ユーザーにとってスムーズな取引体験を保証しています。

デメリット:

  • 規制されていません:規制当局の監督や具体的な規制情報の欠如は、プラットフォームのコンプライアンスと透明性に関する懸念を引き起こす可能性があります。金融業界では、規制当局の監督は消費者保護と確立された基準への遵守を確保するために重要です。

  • 高度な教育ツールの不足: TD Ameritradeには高度な教育リソースが不足している可能性があり、これはトレーダーの学習曲線に影響を与えるかもしれません。高度な教育ツールは、トレーディング戦略や市場分析の深い知識とスキル向上を求めるユーザーにとって有益です。

  • 初心者にとっての可能な複雑さ:プラットフォームの広範な機能と多様な市場は、初心者トレーダーにとっての課題となる可能性があります。プラットフォームの複雑さに対処することは最初は圧倒的であり、トレーディング業界への初心者の参入の障壁となる可能性があります。包括的なガイダンスと教材は、この学習カーブを緩和するために重要です。

Pros and Cons

市場のインストゥルメント

TD Ameritradeは、1つの口座を通じてアクセス可能な多様な取引資産と投資オプションを提供しています。以下にアクセスできるさまざまな資産と市場があります:

1. 株式:TD Ameritradeは、Apple、Google、Amazonなどの有名企業や、ニューヨーク証券取引所(NYSE)やNASDAQなどの主要な取引所に上場している他の企業を含む、幅広い株式へのアクセスを提供しています。

2. 先物取引: TD Ameritradeを通じて先物取引が可能であり、投資家は原油、天然ガス、農産物、金融商品などの契約を取引することができます。

3. 商品(原油、金):投資家は原油や金などの商品を取引することができ、これらの市場の価格変動を利用することができます。

4. 仮想通貨(ビットコインなど): TD Ameritradeはビットコインなどの仮想通貨に対する露出を提供し、ユーザーはプラットフォーム内でデジタル資産に投資や取引をすることができます。

5. 通貨:外国為替取引により、投資家は通貨ペアで取引を行い、為替レートの変動による利益を得ることができます。TD Ameritradeは外国為替市場へのアクセスを容易にします。

6. グローバルトレーディング: TD Ameritradeを利用することで、トレーダーはグローバル市場にアクセスし、異なる国際取引所でさまざまな金融商品を取引することができます。

この包括的な取引オプションは、伝統的な株式から商品、暗号通貨、そしてグローバル市場まで、すべてのアカウントを通じてアクセス可能であり、投資家には重要な柔軟性とポートフォリオを多様化する機会があります。これにより、投資家は自分の好みや投資戦略に応じてポートフォリオを多様化することができます。

アカウントの種類

TD Ameritradeは、1つのアカウントを通じて包括的な取引プラットフォームを提供し、多様なグローバル取引資産へのアクセスを可能にします。

1つのアカウントタイプには、株式、CFD(差金決済契約)、原油や貴金属などの商品、さらにはビットコインなどの仮想通貨など、幅広い取引オプションが含まれています。基本的な取引スプレッドは0から始まり、さまざまな資産クラスでの取引を実行するための費用効果の高いソリューションを提供し、取引コストを最小限に抑えます。

トップの流動性プロバイダへのアクセスにより、大口注文は最適な執行を受け、市場で最も利用可能な価格で取引が実行されます。広く人気のあるMT5取引ソフトウェアとの統合により、ユーザーはいつでもどこでも取引を行う柔軟性を持ち、PCからモバイルデバイスにシームレスに移行することができます。この機能豊富なソフトウェアは効率的で便利な取引を可能にし、このアカウントタイプを利用するトレーダーにとって市場の動きへのアクセス性と反応性を向上させます。

アカウントを開く方法?

TD Ameritradeで口座を開設するには、簡単な手続きが必要です。以下に6つのステップを示します:

1.TD Ameritradeのウェブサイトを訪問する:公式のTD Ameritradeのウェブサイトにアクセスして、口座開設手続きを開始します。

2. 「新しいアカウントを開く」をクリックします:ウェブサイト上で「新しいアカウントを開く」または類似のオプションやボタンを探してください。それをクリックして、アカウント開設手続きを開始します。

3. アカウントタイプを選択: 個人の取引の好みに基づいて、個人のブローカーアカウント、退職口座(IRAのようなもの)、教育貯蓄口座など、開設したいアカウントのタイプを選択してください。

4. 申込書の記入: 正確な個人情報を含む申込書に記入してください。氏名、住所、社会保障番号、雇用詳細、財務情報、投資目標を含め、すべての詳細が正確かつ最新であることを確認してください。

5. 利用規約に同意する: TD Ameritradeが口座管理、手数料、およびその他の関連ポリシーに関して設定した利用規約を確認し、同意します。

6. 本人確認とアカウントへの資金の入金: 申請を提出した後、本人確認が必要です。これは身分証明書のアップロードによって行うことができます。本人確認が完了したら、銀行口座から電子的に資金を送金するか、他の受け入れ方法を通じてアカウントに資金を入金することができます。

アカウントを開く方法?

レバレッジ

TD Ameritradeは外国為替市場で主要通貨ペアに最大1:50のレバレッジを提供しています。つまり、取引口座の1ドルに対して、最大で外国為替市場で50ドルをコントロールすることができます。ただし、レバレッジ制限は資産クラスや規制の変更によって異なる場合があります。株式や商品などの異なる取引ツールは、規制やTD Ameritradeのポリシーによって異なるレバレッジ比率またはレバレッジなしの場合があります。

レバレッジは、利益と損失の両方を増幅させるツールですので、取引で利用する前にその意味とリスクを理解することが重要です。レバレッジ比率と特定の取引インストゥルメントへの適用に関する最新かつ正確な情報については、常にTD Ameritradeの公式ウェブサイトを参照するか、直接サポートにお問い合わせください。

スプレッドと手数料

TD Ameritradeは、多くのブローカーと同様に、取引される資産に応じて可変スプレッドと手数料を提供していました。以下に詳細を示します:

1. 株式: TD Ameritradeは通常、米国の上場株式、ETF、オプションのオンライン株式取引に対して手数料を請求しません。ただし、オプション取引には契約ごとの手数料が発生する場合があります。

2. 外国為替: 主要通貨ペアの買い値と売り値の差であるスプレッドは、特定の通貨ペアについては1ピップ(パーセンテージポイント)から始まることがあります。具体的なスプレッドは市場の状況や取引されている通貨ペアによって異なる場合があります。

3. 先物取引: 先物取引では、手数料は取引される具体的な先物契約に基づいて異なります。手数料は通常、契約ごとに請求されます。

4. 仮想通貨: TD Ameritradeは仮想通貨取引に手数料を課しません。ただし、売り買いのスプレッドに関連する手数料が発生する場合があります。

TD Ameritradeが特定の取引に手数料を課さないかもしれないことに注意することは重要ですが、他の料金が適用される場合もあります。これには規制料金、取引所手数料、一部の金融商品に対する夜間金利負担、追加サービスの料金などが含まれます。これらの料金や費用は取引の総費用に影響を与える可能性があり、プラットフォームでの取引に関連する総費用を評価する際に考慮すべきです。

取引プラットフォーム

TD Ameritradeの取引プラットフォームは、その堅牢な機能と複数のデバイスでのアクセス性で認められています。オリジナルのスプレッド引用、高速な注文実行、そして品質の高いサービスの提供に焦点を当てた、世界クラスの取引体験を提供しています。

プラットフォームはWindows、iPhone、およびAndroidデバイスで利用でき、さまざまなオペレーティングシステムを使用するトレーダーにアクセス可能です。

トレーディングプラットフォーム

また、トレーダーの間で広く人気のあるオンライン取引プラットフォームであるMT5へのアクセスも提供しています。

MT5は、50以上のテクニカルインジケーターや日中分析ツールを備えた強力なチャート分析ツールのスイートを提供しています。これらの機能は、市場の詳細な分析と情報を基にしたトレードの意思決定を行いたいトレーダーに対応しています。

このプラットフォームは、その安全性、信頼性、使いやすいインターフェースで知られています。初心者から経験豊富なトレーダーまでのニーズに応えるように設計されており、高度なトレーダーがよく使用する機能的な特徴を提供しています。これにより、総合的な機能と使いやすさから、MT5はオンライン取引の標準プラットフォームとして確立されています。

トレーディングプラットフォーム

入金と出金

支払い方法: TD Ameritradeは、主に銀行振込、電子送金(ACH)、電信送金、および小切手入金を通じて口座への資金の入金を許可しています。これらの方法は、取引口座への資金の入金に一般的に使用されます。引き出しは通常、銀行振込や電信送金などの類似の方法を介して処理されます。

支払手数料:TD Ameritradeは、銀行振込やACH取引による入金に手数料を請求しません。ただし、電信送金には送金または受信銀行によって課せられる手数料が発生する場合があります。また、小切手入金は、取引を処理する銀行や金融機関によって手数料が発生する可能性があります。

支払処理時間:銀行振込やACH取引を通じて行われた入金は、通常数営業日かかります。電信送金はより早く処理される場合もありますが、手数料が高くなる可能性があります。出金も同様の時間枠で行われ、銀行振込や電信送金による資金の到着には数営業日かかります。

カスタマーサポート

TD Ameritradeは、メールを通じてカスタマーサポートを提供しています:

Email Support: TD Ameritradeのサポートチームには、公式のメールアドレス(support@td-ameriforex.com)を通じてお問い合わせいただけます。メールサポートでは、お問い合わせ、アカウントのサポート、一般的な質問に対応しています。

カスタマーサポート

教育リソース

TD Ameritradeのプラットフォームは、教育リソースにおいて顕著なギャップを抱えており、プラットフォームのマスタリングと仮想通貨取引への没入を熱望する初心者ユーザーにとって課題となっています。包括的なユーザーガイドや指導的なビデオチュートリアル、インタラクティブなウェビナー、洞察に富んだブログなどの基本的なリソースの不在により、ユーザーはプラットフォームの微妙なニュアンスを理解し、複雑な仮想通貨取引の領域を航海することができません。

TD Ameritradeに関する教育資料の不足は、初心者にとっての障害となり、誤った手続きや財務上の問題を引き起こす可能性があります。包括的なガイダンスの欠如は、偶発的なエラーや財務上の損失を招き、取引の世界に足を踏み入れる新規ユーザーに挫折感を与える可能性があります。堅固な教育基盤の欠如は、仮想通貨取引によって提供される機会を十分に活用することを妨げる可能性があります。

結論

結論として、TD Ameritradeは競争力のある取引コスト、幅広いグローバル市場へのアクセス、優れた顧客サービスの評判など、独自の利点を持つプラットフォームを提供しています。

ただし、規制情報の不足は透明性とコンプライアンスに関する懸念を引き起こします。さらに、高度な教育ツールの不足や、プラットフォームの多様な機能や市場を初心者が操作する際の複雑さは、学習曲線や取引への新参者のアクセス性を妨げる可能性があります。これらの欠点にもかかわらず、プラットフォームのコスト効率性、市場の多様性、専門的なサポートを備えた熱心な顧客サービスは、多様な投資機会を求めるトレーダーにとって重要な強みです。

よくある質問

Q:TD Ameritradeでアクセスできる市場はどれですか?

A: TD Ameritradeは、株式、金や原油などの商品、ビットコインなどの仮想通貨、さまざまな通貨ペアなど、グローバル市場へのアクセスを提供しています。

Q:TD Ameritradeは競争力のある取引コストを提供していますか?

はい、TD Ameritradeは競争力のある取引コストを提供しており、ユーザーの総取引費用を削減しています。

Q: TD Ameritradeで口座を開設するための最低入金要件はありますか?

A: TD Ameritradeは特定の最低入金要件を強制しませんが、取引のためにアカウントに適切に資金を入れることが推奨されています。

Q: TD Ameritradeはどのような教育リソースを提供していますか?

A: TD Ameritradeは基本的な教育リソースを提供していますが、一部のユーザーは深い学習のための高度なツールが不足していると感じるかもしれません。

Q: TD Ameritradeのカスタマーサービスはどうですか?

A: TD Ameritradeは、さまざまなチャネルを通じて包括的なカスタマーサービスを提供し、ユーザーの問い合わせや問題に対して専門的なサポートを保証しています。

Q: TD Ameritradeは規制されていますか?

A: TD Ameritradeの規制情報は不明瞭であり、透明性とコンプライアンスに関する懸念が生じています。

会社情報

会社名

TD Ameritrader

社名略語

TD Ameritrader

規制状況

クローンの疑い

会社登録国・地域

アメリカ合衆国

会社のウェブサイト
ライセンスの種類

承認されたライセンスの種類の説明

タイプI

金融商品取引業は、流動性の高い有価証券を扱い、デリバティブ取引を提供するという特徴を持っています。

上記の通り、第一種金融商品取引業者の主な事業内容は、大きく分けると、有価証券業(有価証券、有価証券CFD等)、金融先物取引業(FX)、仮想通貨に係るデリバティブ取引業、有価証券管理業務となります。 , など、仕事は大きく4つに分類できます。

タイプⅡ

金融商品取引業とは、基本的にファンド(集団投資計画の株式)や流動性の低い信託受益権、すなわち株式や社債などの主要有価証券を除いた金融商品取引を指します。これらを、この販売業法第2条第2項に掲げる各号の「相当有価証券」といいます(以下「相当有価証券」といいます)。

また、有価証券に該当しない投資信託受益権等の一部の有価証券の自己発行(私募・公募)や為替関連市場デリバティブ取引等も第二種金融商品取引業に位置付けられます。

  • 第一種金融商品取引業者

  • 投資アドバイザーおよびエージェント

法人電話番号

--

Twitter

--

FaceBook

--

Instagram

--

YouTube

--

会社所在地

--

LinkedIn

--

WhatsApp

--

QQ

--

WeChat

--

カスタマーサポートメール
  • support@td-ameriforex.com

会社概要

コメント

0

件のコメント

レビューを書く

コメントがありません

コメントを書きます

TOP
国や地域を選んでください
United States
※ 所在地の法律を遵守しながら、このウェブサイトのコンテンツをご利用してください。
WikiFXへようこそ。WikiFXウェブサイトと関連モバイル製品は、グローバル企業情報照会ツールです。WikiFXをご利用の際に、それぞれの国や地域の関連法律や規制を遵守すしてください。
ライセンスなどの情報が修正された場合は、次の場所に情報を送信してください:qawikifx@gmail.com
広告提携:fxeyevip@gmail.com