logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    金融規制-日本の規制について-その1-信託保全制度

    概要:信託保全とは、投資者がFX業者に預託するFX取引ための取引証拠金は、FX業者の固有資産と明確に区分して管理するため、信頼できる第三者(信託銀行等)と信託契約を締結し、お客様の保証金を信託口座にて管理することをいいます。本日は信託保全制度をご紹介します。

    信託保全とは?

       信託保全とは、投資者がFX業者に預託するFX取引ための取引証拠金は、FX業者の固有資産と明確に区分して管理するため、信頼できる第三者(信託銀行等)と信託契約を締結し、お客様の保証金を信託口座にて管理することをいいます。

       日本政府は2009年に「FX業者がお客様から預託を受けた金銭の区分管理方法が金銭信託に一本化」金融商品取引法(金商法)を発令し、実施を開始しました。ちなみに、「信託分離保管」が金商法により、すべてのFX業者が義務づけられています。

       信託保全を行うことによって、万が一、FX業者が破綻した場合でも、お客様から預託した取引証拠金は第三者の弁護士等より信託銀行から直接お客様に返還されます。これによって万一の場合の安全性が確保されています。また、信託先の銀行自体が破綻した場合も、財産は信託法によって保護されます。

    ・平常時

    日本の規制について-その1-信託保全制度

    ・破綻時

    日本の規制について-その1-信託保全制度

       日本以外の国に規制の大半は「分離保管(分別保管ともいい)」を要求しています。分離保管というのは、顧客の資産を会社資産と分離して保管します。信託銀行か、普通の銀行、またカバー先か規制されていません、且つ口座の管理先は基本的FX業者に任せます。FX業者が破綻になった場合、分離保管された資産が顧客に返還される保証がありません。

    日本の規制について-その1-信託保全制度

       日本金融先物取引業協会のデータにより、21年1月末当協会の登録会員(FX業者)の顧客区分管理必要額(顧客資産)14413億円に対して、FX業者が信託している総資産は14795億円になっています。信託保全率は102.65%です。

      安心できる為替投資先を探すなら、WikiFXで是非ご確認ください。

    wikifx
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください