logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    26日のNY市場は下落

    概要:[NYDow・NasDaq・CME(表)]NYDOW;34899.34;-905.04Nasdaq;15491.66;-353.57CME225;28155;-635(大証比)[NY市場データ]26日

      [NYDow・NasDaq・CME(表)]

      NYDOW;34899.34;-905.04

      Nasdaq;15491.66;-353.57

      CME225;28155;-635(大証比)

      [NY市場データ]

      26日のNY市場は下落。

      ダウ平均は905.04ドル安の34899.34ドル、ナスダックは353.57ポイント安の15491.66で取引を終了した。

      新たに検出された新型コロナの南ア変異株が世界経済の回復を損ねるとの懸念にアジアや欧州市場の流れを継いで、寄り付き後、大きく下落。

      短縮取引で参加者が限られる中、終日安値を探る展開となった。

      セクター別では消費者サービス、エネルギーの下落が目立った一方、医薬品・バイオが唯一上昇。

      シカゴ日経225先物清算値は大阪比635円安の28155円。

      ADRの日本株はトヨタ (T:7203)、ソニーG (T:6758)、ソフトバンクG (T:9984)、ファナック (T:6954)、ファーストリテ (T:9983)、デンソー (T:6902)、HOYA (T:7741)、任天堂 (T:7974)、富士通 (T:6702)、ブリヂストン (T:5108)、資生堂 (T:4911)、日東電 (T:6988)など、対東証比較(1ドル113.38円換算)で全般軟調。

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください