logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    FX相場分析レポート 11月29日

    概要:【WikiFX】今週が重要な経済指標が「連発」!ファンダメンタルズによる影響が強い相場が続いています!
    wikifx

      おはようございます。今週が重要な経済指標が「連発」!

      ファンダメンタルズによる影響が強い相場が続いています。まずは先週(11月22日~2021年11月26日)のドル円の動きを振り返ってみましょう。

    ドル円相場の振り返り −ファンダメンタルズ分析−

      ドル円ペアは米国の利上げに対する期待感が広がり、4年10カ月ぶりの高値となる115.52円まで上値を広げました。

      バイデン米大統領がパウエルFRB議長を指名したことで、タカ派(強硬派)政策の継続が予想されたのが一因とみられます。木曜日になると、アメリカ市場が休場の影響もあり、上値が重く推移。

      金曜日には南アフリカで新型コロナウィルスの変異種が確認されると、急激なリスクオフとなり113.04円をつけました。金曜日は大口の取引業者が休業であり、薄商いになっていたことも原因の一つと考えられます。

    今週重要な経済指標

    時間(日本時間) 経済指標・イベント
    2021年11月30日(火)5時05分 ???????? パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
    2021年11月30日(火)24時00分 ???????? パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
    2021年12月1日(水)24時00分 ???????? パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
    2021年12月1日(水)24時00分 ????????11月 ISM非製造業景況指数(総合)
    2021年12月3日(金)22時30分 ????????11月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

    ドル円相場分析 −テクニカル分析−

      本日(2021年11月29日)は以下のポイントで相場を分析しています。

    •   ボリンジャーバンドを使ったMTF(マルチタイムフレーム)分析

    •   セントラル·ピボット·レンジ(CPR)を使った環境認識

    •   (マルチタイムフレーム分析について:https://cutt.ly/8T9g88e)

      ボリンジャーバンドを使ったMTF(マルチタイムフレーム)分析

        チャートはドル円で左から日足、週足、月足となっています。

        まず月足ですが、今月の安値112.718円は、先月のローソク足の高値安値を基準としたフィボナッチリトレースメントの50%となっており、しばらく戻ってこない押し目をつけた可能性があります。

        週足ではボリンジャーバンドの+1σ(ピンク色の丸)で反発しており、こちらも節目となる押し目をつけた可能性があります。直近では大陽線のはらみ足の状態(赤矢印)が続いており、上昇トレンドの根拠は崩れていません。

        日足では大陰線が発生している様子を見たい局面です。赤矢印で示した直近の押し目を下抜けており、高値安値を使用したダウ理論で判断すると、トレンド転換の可能性が出てきております。ただし、月足、週足が良い押し目『112.718円』をつけているので、そこを下抜けるまで大局は上と判断しています。

      WikiBit

        (チャート:ドル円日足、週足、月足)

      セントラル・ピボット_レンジ(CPR)を使った環境認識

        チャートはドル円1時間足。「セントラル・ピボット・レンジ(CPR)」を使って、相場環境を確認していきます。

        チャートに示しているのは「DailyCPR(日間CPR)」です。22日から25日まではレンジが切り上がっており、順調な上昇トレンドだったことが確認できます。そして、26日にはCPRが収縮しており「相場の変化」を示していました。結果、大きく下落の結果になりました。

        本日のCPRは前営業日(26日)のCPRを大きく下回っており、尚且つCPRの

        下で始値がついていますので、最も下落圧力の強い「Lower Value」と呼ばれるパターンです。

      WikiBit
      (チャート:ドル円1時間足)

      本日のトレード方針 -ドル円-

        本日はドル円で売買方針を示していきます。

        方針は「売り」でアクションは「指値注文」です。

        ·エントリーポイント…114.225円

        ·利益確定ポイント(T/P) …113.713円

        ·損切りポイント(S/L) …114.717円

      WikiBit
      (チャート:ドル円1時間足)

        「セントラル·ピボット·レンジCPR」の分析で示した通りトレンドは下。ただし、かなり大きな下落でしたので、戻りを待ってエントリーしていきます。エントリーのポイントはCPRの上限(赤ライン)付近です。損切りポイント(S/L)はフィボナッチリトレースメントの反発ポイントの少し上。利益確定ポイント(T/P)は最安値の少し上に設定してあります。

      ドル円直近の平均値変動幅

        ドル円の1日の平均値変動幅を表すADRは拡大しています。5日平均で100ipsとなっており、ここまで大きな数字が出るのは珍しいです。

        ADR2076

        ADR1088

        ADR5100

      【注意事項】

        本サイトのコンテンツは、あくまでも情報提供を目的としたものであり、トレードの判断を促すものではありません。これらのコンテンツから得られる情報によって生じた一切の損害について、弊社及び記事執筆者は責任を負いません。加えて、記事の修正・変更が生じた場合についても、弊社はこれを通知する義務を負いません。また、本サイトに掲載されているコンテンツの著作権は全て『WikiFX Japan株式会社』に帰属しており、著作権法、関連条約・法律で保護されています。当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りいたします。

    続きを読みます

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください