logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    暗号通貨ニュース 11月29日昼刊

    概要:WikiFX:日本時間11月29日 午前暗号通貨ニュースまとめ
    wikifx

      

    Gemin: BTC現物ETFに期待、2022年にSECの承認を得る可能性あり

    wikifx
    (イメージ:ホームページ)

      1128日に行われたCNBCとのインタビューで、暗号取引プラットフォームGeminiの事業開発のグローバルヘッドであるDavid Abner氏は、ビットコインETFは、投資者から考えているほど上昇しないかもしれないと主張しました。 米国証券取引委員会(SEC)は、3つのビットコイン先物ETFを承認し、投資商品として受け入れていることを示しています。 SECは、私たちを前進させるために、段階的なステップを実行しています。 今年中には新たなステップに到達できると思います」と付け加えました。

      また、SECが、VanEck社の現物ビットコインETFが、立ち上げたの後却下したことに驚いたとも、述べています。「私は依然に(ビットコイン現物ETFに)楽観的な態度を持っています。彼ら(VanEck社は次のステップに進むのを待っているだけだと思います。 おそらく業界では、より大きな、より明確な規制の指針を求めているでしょうから、来年の第1四半期に、すぐにETFに反映されると思います。」

      Geminiの詳細(WikiBitページにジャンプ):https://www.wikibit.com/ja/dr/1234742081322.html

    英:暗号通貨取引ブローカーに2%の税金を課税へ

    wikifx

      最近、英国歳入関税庁(HMRC)の規則が更新され、デジタルサービス税(DST)が導入され、英国の暗号通貨取引プラットフォームには、2%のDSTが課せられることになりました。

      HMRC、暗号資産を金融商品として認識していないため、税金の免除を受けることができません。 また、英国のデジタル資産業界を代表する業界団体であるCryptoUKは、今回HMRCの決定は不公平であり、投資家やトレーダーに負担させられる可能性が高いとしています。

    BAYCがAdidasとのコラボを発表

    wikifx

      (イメージ:BAYC Twitter公式アカウント)

      NFTプロジェクト「BAYC」の公式Twitterアカウントに、adidasの「Shamrock」ブランドとのコラボレーションを示唆する画像が投稿されました。

      画像は、「adidas」のロゴ、「BAYC」、「G-Money」、「Punks Comic」が描かれた、パーカーを着た猿の姿ろみられています。

      一方、G-MoneyとPunks Comicは、adidasをテーマにしたコレクションのシルエットをツイートしています。

      BAYC詳細(WikiBitページにジャンプ):https://www.wikibit.com/ja/dr/2224087911120.html

    続きを読みます

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください