logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    EU、オミクロン株全容判明までワクチン加速で備えを=欧州委員長

    概要:欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は28日、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株について、影響の全容が判明するには数週間を要するとの見方を示し、ワクチン接種を加速するなどして備える必要性を訴えた。

      欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は11月28日、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株について、影響の全容が判明するには数週間を要するとの見方を示し、ワクチン接種を加速するなどして備える必要性を訴えた。ラトビアのリガで撮影(2021年 ロイター/Ints Kalnins)

      [リガ 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は28日、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株について、影響の全容が判明するには数週間を要するとの見方を示し、ワクチン接種を加速するなどして備える必要性を訴えた。

      オミクロン株は、EU加盟国ではベルギー、デンマーク、ドイツ、イタリア、オランダで感染者が確認されている。

      フォンデアライエン氏は訪問先のラトビアで、オミクロンを深刻に受け止めていると表明。「時間との戦いであることは承知している。研究者や製薬会社は、オミクロン株の変異の性質の全容把握に2─3週間を要する」と指摘した。

      ワクチンの当初接種や追加接種(ブースター接種)の加速といった予防策に、現在は力を入れるべきだとした。欧州委は先週、域内の市民が来年の夏にコロナ検査や隔離期間なしに他のEU加盟国に渡航するためには、コロナワクチンの追加接種が必要になると提言した。

    / / / / / /

    続きを読みます

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください