logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    2米製薬 モデルナワクチン開発の朗報 金は短期的にV字型リバウンド

    概要:米製薬会社モデルナ(Moderna)は16日、自社開発した新型コロナウイルスワクチンの有効性が94.5%であると発表しました。これにより、リスク愛好という感情が大幅に高まりました。金の価格は短期的に30米ドル下落しましたが、その後低価格帯から回復し、現在は1890米ドルを超えて回復しました。

      

      ファイザー(Pfizer)のワクチンと比較して、モデルナワクチンは保存期間が長く、超低温保管の条件も改善され、より効果的であるとわかりました。この声明が発表された後、金の価格は1.3%下落しました。

      TDセキュリティーズの商品戦略部門責任者バート・メレク氏は、「ワクチンの開発成功は非常に良いニュースですが、先進国ですらワクチンの量産化まで長い時間がかかるでしょう」と述べました。

      「市場は2021年後半に経済が正常に戻ると予想しているものの、サクソバンク(Saxo Bank)のアナリストは世界の一部の経済体には政府と中央銀行が資金ギャップを埋める必要があると述べました。

      ワクチンが量産化されても経済はすぐに回復できないため、投資家は依然として米国に景気刺激策を導入することを望んでいます。新たな政策が達成できれば、それはインフレを押し上げることに期待し、インフレに強い資産として、金の価格は将来下落する余地があまりありません。

      

    1117.jpg
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください