logo |

FX会社一覧

    トップページ - FX会社一覧 - GMOクリック証券

    国内規制

    GMO CLICK

    GMOクリック証券 · GMO CLICK

    日本
    10-15年間 日本規制 外為取扱ライセンス 非MT4/5 疑わしい事業範囲
    今すぐ真相公開します
    スコア
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    .
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    10
    ライセンス指数 8.59
    リスク指数 8.90
    ソフトウェア指数 6.44
    事業指数 8.57
    規制指数 8.56
    社名略語

    GMOクリック証券 · GMO CLICK

    登記国

    GMO CLICK 日本

    会社名

    GMO CLICK Securities, Inc.

    会社所在地

    --

    URL

    https://www.click-sec.com/

    Financial Services Agency
    FSA 国内規制

    外為取扱ライセンス

    ブローカー情報

    カスタマーサポート電話番号

    0120727930

    カスタマーサポートメール

    --

    会社概要 さらに
    修正します
    ポンジスキーム
    今すぐ真相公開します
    WikiFXリスク注意喚起
    1
    2021.12.01
    現在の資料により、ブローカーが使用しているソフトウェアはMT4ソフトウェアではありません。
    EA VPS

    WikiFXが提供するディーラーアカウント、サービスサポートに制限はありません

    シングルコア

    1G

    40G

    ¥ 111.80/月
    すぐに開く
    • 配信インデクス
    • 市場分析
    • 素材配信
    • ブランド配信
    • リソース検索
    • 言語
    まだデータがありません
    GMOクリック証券 · 公式ウェブサイトの識別

    主要訪問国/地域

    日本
    click-sec.com
    サーバー所在地
    アメリカ合衆国
    主要訪問国/地域
    日本
    ドメイン
    click-sec.com
    ICP番号
    --
    ドメイン発効日
    2007-10-15
    サーバーIP
    23.5.246.148
    ウェブサイト
    --
    所属企業
    --

    GMOクリック証券

    無料保証もっと詳しく

    WikiFX アプリをダウンロードしてください

    スキャンしてダウンロード

    Financial Services Agency

    Financial Services Agency (FSA)

    金融庁(FSA)は、外国為替ブローカーを含む日本のすべての金融サービスプロバイダーを規制しています。 FSAの最終目標は、国の金融システムを維持し、安定性を確保することです。また、証券投資家、保険契約者、預金者の利益を保護する責任もあります。計画とポリシー、金融サービスプロバイダーの監督、証券取引の監督、民間金融機関の見直しなど、さまざまな方法で目標を達成しています。 FSAの当初は行政機関に過ぎませんでしたが、2001年に日本の内閣府の外部代表になったとき、その責任は拡大しました。金融再構築委員会の責任を引き継ぐだけでなく、支払不能の金融機関も引き継ぎます。今日、FSAは日本の財務大臣に説明責任を負い、幅広い責任を負っています。

    • 登録機関 :

      GMOクリック証券株式会社

      有効時間 :

      2007-09-30
    • licenseブローカーのメールアドレス :

      --

      ライセンスタイプ:

      共有する GMO
    • 認可されたブローカーのウェブサイトURL :

      --

      失効時間 :

      --
    • 認可機関の住所 :

      東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス

      ライセンス保有ブローカーの電話番号 :

      03-6221-0198
    • ライセンス証明書 :

      添付1 証明書書類の閲覧 添付2 証明書書類の閲覧 添付3 証明書書類の閲覧

    No content

    No data

    Load failure

    Load failure

    特記事項

    ×
    GMO CLICK

    1.png規制当局より発布された合法的なサイトのみを提供します。

    1.pngWikiFXは第三者にプライバシーを漏らすことがありません。

    1.pngユーザーがフィッシングWebサイト、偽のURL、またはドメイン名のハイジャックにだまされるのを防ぐため、WikiFXのアプリはこれらのコンテンツを提供しません。

    1.pngWikiFXが提供する公式ウェブサイトアクセスチャネルを通じて公式ウェブサイト上のサービスを利用することは、お客様にとって個人的な行為です。使用する前に、関連するリスクの調査と管理を行ってください。

    根據香港證券及期貨事務監察委員會的規定

    為確保您查看資訊及時性和準確性,我們將為您跳轉到相關的監管資訊頁面

    WikiFX・ポンジスキーム
    1  ポンジスキームとは  >
    2  ポンジスキーム   >
    3  完成
    1. ポンジスキームクレームとは
    金融商品を悪用し、ポンジスキーム等の手法での金融詐欺が多発しています。投資家の資産を守り、詐欺に巻き込まないように、苦情窓口を設置しました。私たちは、投資家の皆様とともに、悪徳業者の情報を共有し、金融市場から排除します。
    2. ポンジスキームの特徴
    ハイリターン承諾 ねずみ講 マルチ商法 偽り宣伝 神トレーダー ダトゥを授与 洗脳改造 疑わしい規制 クローン業者 誇大広告
    今すぐ告発
    告発対象
    GMO CLICK · GMOクリック証券
    * 連絡電話
    0086
    *電話番号を入力してください
    *告発原因

    *苦情の原因を入力してください
    関連画像
    確認且つ提出

    送信完了!

    'ユーザーセンター-私のリリース-ポンジスキーム'でリアルタイム進捗確認

    確認

    GMO CLICKGMOクリック証券 · 会社概要

    GMOクリック証券の概要·規制

      GMOインターネット証券は2005年に設立され、2006年にオンライン証券取引サービス、店頭外国為替証拠金取引サービス、日経225先物·オプション取引サービスの提供を開始した。2007年には、社名を「GMOクリック証券」に変更し、日経225先物·オプション取引は「イブニング·セッション」での注文受付を開始した。2008年、クリック証券は本社を東京に移し、エキサイトFX株式会社の全株式を取得した。2009年、クリック証券は、ジャスダック証券取引所、東京証券取引所、大阪証券取引所、日本証券クリアリング機構での取引資格を取得した。2011年には、GMOクリックインベストメント株式会社を設立し、外為オプション取引サービスを開始し、外為オプション取引用アプリ-iClick Forex OP-の提供を開始した。2014年にはGMOクリック証券が、外国株式スプレッドの取引を開始し、2016年には新たにFXシステムの運用を開始し、2019年には株価指数バイナリーオプション事業を開始した。GMOクリックは現在、金融庁のリテールFXライセンス(ライセンス番号:4011001045946)を取得している。

    マーケット商品

      投資家は、GMOクリック証券のプラットフォームで、株式、投資信託、先物オプション、外国為替、外為オプション、CFD、株価指数バイナリーオプション、債券を取引することができる。

    GMOクリック証券の最低入金額

      GMOクリック証券では、FX取引口座を開設する際の最低保証金は必要ない。また、GMOクリック証券では、口座開設や口座維持のための手数料は一切かからない。

    GMOクリック証券のスプレッド

      GMOクリックでは、米ドル/円のスプレッドが0.2pips、ユーロ/円のスプレッドが0.5pips、英ポンド/円のスプレッドが1.0pips、豪ドル/円のスプレッドが0.7pips、ユーロ/米ドルのスプレッドが0.4pips、英ポンド/米ドルのスプレッドが1.0pipsとなっている。また、日経225オプション取引の最低手数料は、約定代金の0.152%で、最低手数料は214円である。FXオプション取引、株価指数バイナリーオプション取引、CFD取引の手数料は無料である。

    GMOクリック証券の取引プラットフォーム

      GMOクリック証券では、「スーパーはっちゅう」「はっちゅう君」「プラチナチャート」「CFD専用取引ツール」などの取引プラットフォームが用意されている。

    GMOクリック証券の入金·出金について

      GMOクリックでは、即時入金サービスを無料で提供しており、ATMや銀行窓口での振込入金にも対応している。出金も無料で行う。最低出金額は1万円、最高出金額は1億円だが、残高が1万円を超えていない場合は、全額出金される。

    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください