logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     DBG Markets    >     コンテンツ

    独占取材 波乱の2022年はいかに投資するべきか?

    概要:DBG Marketsに独自取材!

      1.DBG Marketsは、英国ロンドン発の老舗ブローカーで、金融市場で最高の流動性を誇り、投資者により快適な取引を提供します。近年のDBG Marketsの展開についてお聞かせください。

      2007年に設立されたDBG Markets Limitedは、英国ロンドンに拠点を置き、アジア太平洋、欧州、南米、中東、北米にオフィスを持つ世界有数のオンライントレードブローカーです。

      DBG Marketsは近年、アジア太平洋市場への投資を続け、資金へのアクセスを最適化し、トレーダーにより便利でタイムリーな方法を提供しています。 出金も数秒でできるようになりました。 これは、今やアジア太平洋地域の金融市場におけるベンチマークとなっています。より多くのトレーダーの皆様に、DBG Marketsの顧客サービス向上への取り組みをご覧いただけると思います。

      2.DBG MarketsWikiFX主催した第1EAワールドカップのプラチナスポンサーですが、コメントをいただけますか?

      まず、WikiFXの業界における影響力を確かに感じました。また、この大会を介して、DBG Marketsの多種類サービスと業界における経験を、より多くのトレーダーに知ってもらいたいと思っておりました。

      3.2021年に開催される第1EAワールドカップ大会に向けて、DBG Marketsでは何か特別な準備や計画をしていましたsか?

      もちろんトレーダーにも素晴らしい賞品が用意されています。WikiFXの取引ランキングに加えて、DBG Marketsのプラットフォーム内の取引ランキングにも別途現金とギフトの賞品が用意されています。また、今回のEAワールドカップを通じて、世界中のより多くのお客様にDBG Marketsを知っていただきたいと思っています。

      4.市場では常にEAに対して一方的な認識を持つ人がいますが、これに対するDBG Marketsの見解をお聞かせください。

      客観的に市場を見るべきです。EAはトレーディングツールであり、ツールである以上、その特性を活かして私のために使うべきです。 EAを一面的に見るのは、トレーダーの中にEAを唯一の道具、手法として使っている人がいるからです。

      5.今後2022年に向けて、DBG Marketsが直面すると予想される最大の課題は何でしょうか。

      新型コロナ、オミクロン変異株の経済的影響ですね。オミクロン変種は感染リスクが非常に高く、国境を閉鎖した国も増え、景気回復に影を掛けとしていましたね。

      あと米国インフレの脅威です。2021年を初め、市場は一般的に米国のインフレ率は2%で年末を迎えると考えていました。 むしろ、この数字は7%に近づいています。 2022年末の米国のインフレ率は再び目標水準に近づくとの見方が強いが、またひどい失敗をする可能性は否定できない。

      オミクロンの変異株は、潜在的な脅威のひとつに過ぎない。 商品価格の上昇、サプライチェーンの混乱、ロシアとウクライナの緊張の悪化、気候変動など、いずれもインフレの脅威を容易に増長させる可能性がある。これらの脅威が複合的に作用することで、市場にスタグフレーションの衝撃がもたらされる可能性があります。

      アジアの禁輸措置です。パンダミックによる禁輸措置やエネルギー不足の累積的な圧力は、多くのアジア諸国の経済成長に打撃を与えています。心配しているのは、エネルギー危機は来年には緩和されるかもしれないが、コロナの問題は終わる気配がないことです。

      現在、市場で予想されているのは、アジアの景気減速が世界的に波及し、商品輸出企業の買い手不足を招き、連邦準備制度理事会の計画を頓挫させる可能性があるというものです。

      以上の情報を総合すると、2022年の世界経済には、オミクロン変異株の蔓延を筆頭に、まだまだ多くの脅威が存在することがわかります。

      6.DBG Marketsは、これらの課題にどのように取り組んでいくのか?

      オミクロン株による経済への影響は、インフレの脅威が重なり、さらにアジアでの封鎖の可能性など、多岐にわたります。その一方で、お客様の利便性を高め、トレーダーの皆様により安定した取引環境を提供するため、サービスや技術の強化に努めてまいります。 基礎がしっかりしていればしているほど、お客様から信頼されるのです。 それが、私たちのやるべきことだと思います。

      7.現在の市場におけるマクロの投資機会とリスクをどのように捉えているか?

      景気下降の線をたどっていますが、資産のボラティリティは非常に高く、ボラティリティにはリスクだけでなく、チャンスも存在します。

      過去10年間、経済が下降線をたどる中、金融緩和政策の継続を余儀なくされ、積極的な投資者は不安定な市場を好みます。

      現在は典型的な「乖離の時代」という、投資ロジックを理解できる人にとっては最高の時代であるが、流れに身を任せ、初心者にとっては、まさに最悪の時代でもある

      今後は、今回の米国株の大幅な調整のように、世界経済にリスクや雷雨が頻発する可能性がありますが、それぞれの調整の後には短期的なリバウンドの機会があり、国によってパフォーマンスが異なる可能性があります。 全体として、今後の市場は非常に不安定で、チャンスとリスクに満ちており、投資について特に悲観的になる必要はないだろう。

      .FX市場の規制が激しくなる中、トレーダーに安心感を与えるためにDBG Marketsが行っていることは何でしょうか?

      規制はトレーダーの安全を確保するためのものであり、市場がどのように変化しようとも、お客様を守るという本来の目的は守られるべきものです。 トレーダーをより良く保護するためにも、規制は調整されるべきだと考えています。 私たちは、規制を厳格に遵守し、お客様に取引環境保護を提供すればよいのです。

      10.最後に、DBG MarketsがFXトレーダーに伝えたいアドバイスや経験談をお聞かせください。

      まず、トレーダーとして自分を成長させることです。 トレーダーである以上、自分なりの戦略やツールを持つ必要があります。 マインドセットをコントロールする。 マクロ経済の状況、国内外のデータを収集し、最近の市場のホットスポットを探し、為替相場の上下動きにも注目してください。

      。

    続きを読みます

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    United States Dollar
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください