logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    業績悪化時でもPER137倍。任天堂が株式市場から高評価を受け続ける本当の理由

    概要:PERは137倍と、株式市場から高い評価を受けている任天堂。業績の浮沈が激しい同社のどこを市場は評価しているのか。任天堂が持つ「強み」と次に狙う勝ち残り戦略を、会計とファイナンスの視点から検証。

      任天堂はコロナ禍の巣ごもり消費が追い風となって、2017年に発売したNintendo Switch(以下、Switch)を大きく売り伸ばすことに成功しました。そのおかげで同社は目下、過去最高の営業利益を叩き出すほどの好業績を上げています(前編を参照)。

      とはいえ、ゲーム業界は今や完全にレッドオーシャンです。業界の古参プレイヤーである任天堂も安閑としてはいられません。

    図表1

      (出所)会社四季報業界地図、日経業界地図、2019年eスポーツ・ゲーム業界カオスマップを参考に筆者作成。

      GAFAMもゲーム市場に参入

      国内の時価総額第3位にまで復活したソニーは、2020年冬にプレイステーション5を発売しました。マイクロソフトも同時期にXboxの最新機種を市場に投入しています。

      家庭用ゲーム機だけではありません。ゲームの市場は今や、スマホやPCでプレイするオンラインゲームのほうが家庭用ゲーム機を圧倒しています(図表2)。

    図表2

      なかでもスマホ向けのゲームでは、日本ではサイバーエージェント、ミクシィ、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、そしてDeNA、そしてグリー等の業績の存在感が目立っています。

    図表3

      (出所)各会社の直近の有価証券報告書から筆者作成。ただし、サイバーエージェントとDeNAについては、ゲーム事業に関する売上を記載。

      また、GAFAMもゲームに力を入れています(図表4参照)。グーグルはサブスクリプション型のクラウドゲーム・プラットフォーム「Stadia」を2019年にリリース。アップルは月額課金の「Apple Arcade」を提供しています。

      フェイスブックは2020年にアメリカの一部地域で「Facebook Gaming」をリリースしていますし、アマゾンは2021年にクラウドゲーム「Luna」を提供し始めました。そして、ご存知マイクロソフトは2001年にXboxを通じて早々にゲーム業界に参入しており、直近では最新のハード機であるXbox Series Xのリリースやクラウドで Xbox のゲームをプレイできるProject xCloudの提供を始めています。

    図表4

      (出所)各社ホームページ及び関連記事を参考に筆者作成。

      このような環境のなか、任天堂にとっては幸か不幸か、携帯ゲーム機市場はSwitch以外、壊滅状態です。理由は、スマホやタブレットの機能が高度化して、携帯用ゲーム機の存在意義が薄れてきたためです(私もiPhoneとiPadで「マリオカートツアー」をやってみましたが、映像の美しさに驚きました)。

      また、PS4などで発売されているゲームの一部は、Steamといったゲームプラットフォームを通じて購入し、PCでも遊べるようになっています。今はまだゲーミングPCの値段が高いため一部の人しか使っていませんが、今後値段が下がってくればユーザーの裾野は広がるでしょう。

      このままだと、任天堂が長年強みにしてきたゲーム専用の携帯機器は、今後ますます高性能化していくスマホやゲーミングPCに押されてシェアを落としてしまうかもしれません。競争激化が必至のゲーム業界で、任天堂が勝ち残るためにはどんな戦略が考えられるでしょうか?

      「持続的な競争優位」はただの幻想

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください