logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    【WikiFX×副業アカデミー】FXトレーダーきよポンさんによる体験談 ②

    概要:【WikiFX×副業アカデミー】FXトレーダーきよポンさんによる体験談 ②

      「よーし!!きよポン、億トレーダーまで一気に駆け上がるぞ!!」

      単純な僕は、ワクワクしながら海外口座(海外口座は取引量を増やせる)をスグに開設して30万円を入金しました。

      今思えば、無我夢中、盲信状態、思考停止、こんな状態でした笑

      そして、以前やっていた取引の10倍のトレードを開始しました。

      もう、アドレナリンが出ちゃって楽しくて仕方なかったと記憶しております。

      例えるなら、待ちに待ったフェラーリの納車みたいな気分でした。

      メタリックに光るボディー!唸るエンジン音!全身に伝わってくる振動!

      いざ出陣!!

    •   ◼️初日1回目のトレード

    •   上手くいき17万円の利益確定で終わりました。

        「うぉ~!!!よっしゃ!!!やっぱり俺の思った通りだったよ!ビビってても仕方ないよね。

        取引量(lot)張ってかないと!いつもでもチンタラやってられないし」と浮かれてました。

      •   ◼️初日2回目のトレード

      •   また、うまく行って「含み益6万円(まだ利益確定してない)」

          余裕だな。と思った瞬間「含み損-5万円(まだ損切りしてない)」になってました。

          (ちなみに先生から教わったルールを守ってればこんなことにならない・・・)

          「クッソーーーー!!含み益6万円もあったのに無くなっちゃっよ!!

          また戻ってくるまで放置しよう。(1回目の17万円の利益もあるし、余裕余裕^^)」

          すると、どんどん含み損が増大していき・・・・・・

          なんと、なんと含み損が20万円まで膨らんでしまいました・・・。

          資金は37万円しかない、この瞬間に心をよぎった感情は、

          「やばい・・・全損する・・・」と言う恐怖心だけでした。

          もう、セオリーやルールなど一切考える余裕などありませんでした。

          そして、思考停止でただただ決済のボタンを連打して損切りをするだけでした涙

          この後も同じ事を繰り返して、結果たった1日で30万円を全損してしまいました。

          まるで納車初日に壁に正面から突っ込んで廃車にしてしまった気分でした・・・。

          そりゃそうですよね。今まで乗っていた2000ccの車とは馬力が違うので、

          どれだけアクセルを踏めばどれ位の時間でどれくらい加速するのか?

          全然わかってない状態だったので・・・涙

          マインドセットが出来ていることだと思っていましたが、それはただ頭で理解しただけで、

          腑に落としこみ体現できる状態まで至っていないことに気づきました。

          先生の過去の大きな失敗談を何度も聞かしてもらっていたので、

          金額の大小はあるものの少し先生の言ってることがリアルに理解できました。

          「先生の気持ちが、今少しだけ理解できたよ・・・これ本当に辛いよな・・・」

          でも、「先生もここから這い上がってきたんだから、きよポンも頑張らないと!」

          と思った瞬間に稲妻が走りました。

          先生は、昔に大負けして、苦しんだ、そして導かれた答えは「負けないこと」・・・

          今まで教わってきた言葉が頭をグルグル回り始めました。

          もう勘のいい方は気付きましたかね?

          超重要な思考がズレてることに・・・

          大事なことは「負けないこと」でしたよね?

          でも、実際の僕は成功を焦るばかりに「勝つこと」しか頭になかったんですね。

          しかも、最悪なのが欲に目が眩んで手持ちの資金に対する取引量のルールを破って

          オーバートレードをしてしまったことです。もう、思考も取引量もノーディフェンス状態!!

          これじゃあ、負けて当然ですよね・・・

          まぁ、こんなスタートを切って始まったトレード人生なわけですが、

          今でも「勝つ事」よりも「負けない事」を優先してコツコツ安定的なトレードをやっています!

          まだまだ、話したいことは沢山ありますので、おいおいお伝えしていきますね。

          それでは、次回もお会いしましょう。

        【WikiFX×副業アカデミー】FXトレーダーきよポンさんによる体験談
        ロゴ

          毎週副業アカデミーにてセミナーをFX講座を配信中!

          詳細は:https://cutt.ly/wikifx-fukugyou-academy

          アプリのトップページでもご案内しております!

          アプリD L: https://www.wikifx.com/jp_ja/app/

        image.png

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください