logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    モルガンS、1-3月にアルケゴス関連で9億1100万ドルの損失

    概要:モルガン・スタンレーは、ファミリーオフィスのアルケゴス・キャピタル・マネジメント関連で総額9億1100万ドル(約990億円)の損失を計上したことを明らかにした。

      モルガン・スタンレーは、ファミリーオフィスのアルケゴス・キャピタル・マネジメント関連で総額9億1100万ドル(約990億円)の損失を計上したことを明らかにした。

      同社は16日発表した1-3月(第1四半期)の決算資料で、「当四半期の損益には単一のプライムブローカレッジ顧客の信用イベントに関連する6億4400万ドルの損失と、同じイベント関連で期末までに生じた2億6700万ドルのトレーディング損失が含まれる」と説明した。

      損失はアルケゴス関連だと、事情に詳しい関係者が述べた。

      1-3月の株式トレーディング収入は前年同期比17%増の28億8000万ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の26億ドルを上回ったものの、ともに30億ドル超の収入を上げたJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループの後じんを拝し同業務で1位の座を明け渡した。

      大手米銀の中でアルケゴス関連の損失を大きく被ったのはモルガン・スタンレーのみ。同社は早い時期からアルケゴスを支援していた1社だった。

      1-3月の債券トレーディング収入は44%増の29億7000万ドルと、アナリスト予想の22億ドルを上回った。

      投資銀行業務の手数料収入は26億1000万ドル。予想は20億ドルだった。株式引受手数料は4倍に増えた。特別買収目的会社(SPAC)とテクノロジー企業の新規株式公開(IPO)ラッシュが寄与した。

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください