logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    米銀大手2行の融資減少、ロックダウン後の米経済堅調を示唆か

    概要:米銀大手JPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴは、それぞれのローン事業が直面する新たな問題を指摘しているが、それは1年前に懸念されていたデフォルト(債務不履行)の波ではない。

      米銀大手JPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴは、それぞれのローン事業が直面する新たな問題を指摘しているが、それは1年前に懸念されていたデフォルト(債務不履行)の波ではない。

      銀行によると、借り手は残債を返済し、追加融資を求めていない。これは米国の消費者と企業が景気を押し上げる用意が整っていることを示唆しているという。

      14日の決算発表によると、ウェルズ・ファーゴのローン総額は3月までの1年間で15%減少し、JPモルガンは4%減。企業と家計向け融資がいずれも落ち込んだ。これは通常なら将来の業績にとって暗い兆候であり、実際に同日の米株式市場の取引で一時下落要因となった。

      しかし、両行の幹部によると、これは米経済にとって前向きな兆候を示唆している。政府支援や堅調な債券市場に後押しされ、家計と企業は新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)を通して財務を管理しており、今後は支出を活発化する可能性があることを浮き彫りにしているという。

      JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は14日、「消費者はクレジットカードローンを返済できるほど多額の資金を保有している。これは良いことだ」と指摘。消費者が当座預金口座に預けている現金はコロナ禍前と比べて2兆ドル(約218兆円)増えているほか、企業も市場の資金調達機会を利用して多額の現金を確保していると述べた。

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください