logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    ソフバンクG出資の韓国クーパン、最大3840億円規模の米IPO目指す

    概要:ソフトバンクグループが出資する韓国の電子商取引大手クーパンは、ニューヨーク市場で最大36億ドル(約3840億円)規模の新規株式公開(IPO)を目指している。実現すれば、アジア勢の米上場として過去最大案件の1つとなる見通し。

      ソフトバンクグループが出資する韓国の電子商取引大手クーパンは、ニューヨーク市場で最大36億ドル(約3840億円)規模の新規株式公開(IPO)を目指している。実現すれば、アジア勢の米上場として過去最大案件の1つとなる見通し。

      1日付の当局への届け出によると、クーパンと一部の既存株主は1株27ー30ドルで1億2000万株の公募・売り出しを実施する。IPO価格がレンジ上限となれば、発行済み株式数に基づくクーパンの企業価値は最大510億ドルの評価となる。

      ボム・キム最高経営責任者(CEO)が2010年に創業したクーパンは厳しい競争の中で電子商取引市場を上回るペースで成長。事業も積極的に拡大し、「韓国版アマゾン」として知られる。

      IPOが成功すれば、ソフトバンクGにも追い風となる。ソフトバンクGは2015年に10億ドル、同社のビジョン・ファンドが18年に20億ドルをクーパンに投じた。この日の届け出によると、ビジョン・ファンドによるクーパンのクラスA株保有比率はIPO後で約37%となる。

      ブルームバーグのデータによると、今回のIPO規模はアジア企業の米上場としては過去4番目、14年のアリババグループによる250億ドル規模のIPO以来では最大となる見通し。

      クーパンはニューヨーク証券取引所に銘柄コード「CPNG」で上場する計画。

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください