logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    1月15日の海外株式・債券・為替・商品市場

    概要:欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

      欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

      ◎米国市況:株続落、S&P500種は1週間で最大の下げ-ドル上昇

      15日の米株式相場は続落。S&P500種株価指数はここ1週間余りで最大の下げとなった。2020年10-12月(第4四半期)決算が期待外れとなったウェルズ・ファーゴが売られ、銀行株を押し下げた。

    • 米国株は続落、エネルギーや金融が安い-公益や不動産は上昇
    • 米国債は上昇、10年債利回り1.09%
    • ドル上昇、リスクテーク意欲減退-対円103円後半
    • NY原油、大幅反落-ドル高、米経済指標の低調で
    • NY金は続落、ドル高を背景に

      エネルギー株や金融銘柄を中心に、S&P500種は下落。エクソンモービルは4.8%安。主要資産を過大評価していた疑いで、米証券取引委員会(SEC)が同社を調査しているとの報道が響いた。一方、公益や不動産株は上昇した。

      S&P500種は前日比0.7%安の3768.25。ダウ工業株30種平均は177.26ドル(0.6%)安の30814.26ドル。ナスダック総合指数は0.9%下落。ニューヨーク時間午後4時19分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.09%。

      米経済対策案への期待に支えられ、いわゆるリフレーショントレードが活発になっていたが、同対策の成立が約束されているわけではない。バイデン次期大統領が打ち出した同案は、議会の抵抗次第では骨抜きにされかねない。税制政策では、一部増税の可能性もある。

      メロン・インベストメンツの株式担当責任者、ジョン・ポーター氏は「交渉に向けた出発点にすぎないとの認識が広がっている。順調で迅速なプロセスにはならないというのが現実だ」と指摘した。

      外国為替市場ではドルが上昇。ドル指数は週間ベースで9月以来初の2週連続高となった。米国での連休を前に、月半ばのポジション調整が進んだ。来週以降に主要中央銀行の政策会合が控えていることも、リスクテーク意欲を減退させた。

      主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.6%上昇。ニューヨーク時間午後4時20分現在、ユーロは対ドルで0.6%安い1ユーロ=1.2077ドル。ドルは対円で0.1%高の1ドル=103円88銭。

      ニューヨーク原油先物相場は3週間ぶりの大幅安。ドルが上昇し、ドル建てで取引される原油の投資妙味が後退した。消費者マインド指数をはじめ、この日発表された米経済指標は総じて低調だった。

      ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は1.21ドル(2.3%)安の1バレル=52.36ドルで終了。週間では1%未満の上げ。ロンドンICEの北海ブレント3月限は前日比1.32ドル安の55.10ドル。

      ニューヨーク金先物相場は続落。ドルの上昇が売りを誘った。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は1.2%安の1オンス=1829.90ドルで終了。金スポット相場は2週続落となり、年初来の下落幅を拡大した。

      ◎欧州市況:株は11カ月ぶり高値から反落、イタリア債上昇

      15日の欧州株は反落。前日までの3日続伸でストックス欧州600指数は昨年2月以来の高値に達していたが、シクリカル銘柄を中心に売られた。

      ストックス欧州600は1%安で、約4週間ぶりの大幅な下げ。週間でも0.8%安と、5週間ぶりの下げとなった。

      この日はドル上昇で原油価格が圧迫されたためエネルギー株の下げが大きかったほか、米銀ウェルズ・ファーゴの決算がさえず銀行株が低迷した。

      欧州債市場ではイタリア債が上昇。同国を巡っては解散総選挙の観測が浮上しているが、欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れが投資家に安心感を与えている。

      ドイツ債は小幅安。欧州連合(EU)が来週、ソーシャルボンド(社会貢献債)を追加発行する可能性もささやかれている。

      ドイツ債とイタリア債のスプレッドは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して115bpとなった。

      来週は21日にフランスが3、5、7年債を合計で最大100億ユーロ、スペインは5、7、15、20年債を発行する。

      ドイツ10年債利回りは1bp上げてマイナス0.54%。フランス10年債利回りも1bp上昇のマイナス0.32%、イタリア10年債利回りは3bp低下し0.61%。

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください