logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    シンプルなパッケージ、もっと便利なドライブスルー…マクドナルドが将来構想を発表

    概要:パンデミックの中、マクドナルドの売り上げの約70%はドライブスルーから生まれている。
    マクドナルドが将来の姿を発表

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

    •   マクドナルドは、新しいパッケージとドライブスルー・テクノロジー、スマホアプリを発表した。

    •   同社は、ドライブスルーの効率化とパッケージデザインの合理化を進めている。

    •   パンデミックの間、いくつかの市場では、最大70%の注文がドライイブスルー経由だった。

      マクドナルドは、新しいドライブスルーのコンセプトとパッケージデザインの合理化についてテストを行うと投資家向けの電話会議で述べた。

      同社は、スマートフォンアプリで注文し、列に並ぶことなく、アプリ注文専用レーンやテイクアウト専用駐車スペースで商品を受け取るような、新しいドライブスルーのコンセプトのテストを行う。さらにデリバリーとテイクアウトのみの店舗も設置にする。2021年に、約1万店で実証実験を行う予定だという。

      新型コロナウイルスのパンデミックで多くの飲食店が営業を休止して以来、ファストフード業界ではドライブスルーでの売り上げが伸びており、マクドナルドは、市場によっては売り上げの最大70%がドライブスルーによるものだったと述べた。また同社は3月からドライブスルーの待ち時間短縮に取り組んでおり、10月には待ち時間が前四半期に比べて20秒短くなったという。

      世界に2万5000のドライブスルー店舗を有するマクドナルドでは、ドライブスルーをより早く、よりパーソナルで、より便利なサービスにしていく計画だと、デジタル・カスタマー・エンゲージメントの責任者、ルーシー・ブレイディ(Lucy Brady)は電話会議で述べた。

      ドライブスルーの効率化、メニューの簡略化と併せて、同社は今後2年間で全店舗に展開する予定の新パッケージも紹介した。これは、デザインに一貫性があり、「世界のどこにいても、同じメニューだとわかる」と、プレスリリースで述べられている。

      以下で、新パッケージとドライブスルーのコンセプトを見てみよう。

      マクドナルドは、全世界の店舗に展開する「リフレッシュ」したパッケージを発表した

    マクドナルドの新しいパッケージ。

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

      McDonald's

      新しいパッケージは、中に入っているものがわかるシンプルな模様と明るい色が特徴で、「モダンで、新鮮で、楽しい」デザインになっている

    マクドナルドの新しいパッケージ。

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

      McDonald's

    Advertisement

      例えば、フィレオフィッシュの容器には、青い波模様が描かれている

    マクドナルドの新しいパッケージ。

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

      McDonald's

      「メニューがすぐにわかるシンプルではっきりとしたデザインに、中の美味しいメニューにウィンクするような遊び心を加えた。チーズが描かれた容器からは、クオーターパウンダーのチーズがとろけている様子を想像してほしい」と、同社はプレスリリースで述べた

    マクドナルドの新しいパッケージ。

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

      McDonald's

      コールドドリンク用の容器に描かれた泡にも、同じ狙いがある

    マクドナルドの新しいパッケージ。

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

      McDonald's

      新しいパッケージは、今後2年間でマクドナルド全店舗に導入される

    マクドナルドの新しいパッケージ。

      マクドナルドの新しいパッケージ。

      McDonald's

      McDonald's

      マクドナルドは、ドライブスルーのコンセプトにもいくつかの変更を考えている

    マクドナルド

      McDonald's

      McDonald's

      テイクアウトとデリバリーに特化した店舗を設置する計画で、その店内には座席をほとんど設けないので、従来の店舗よりも小さい敷地で出店できる

    マクドナルドのドライブスルー構想。

      マクドナルドのドライブスルー構想。

      McDonald's

      McDonald's

      「エクスプレス・ドライブスルー」では、アプリで注文した顧客のための専用レーンが設けられる

    マクドナルドのドライブスルー構想。

      マクドナルドのドライブスルー構想。

      McDonald's

      McDonald's

      注文したメニューはベルトコンベアで受け取り口まで運ばれると、同社は述べている

    マクドナルドのドライブスルー構想。

      マクドナルドのドライブスルー構想。

      McDonald's

      McDonald's

      早く受け取れるテイクアウト専用駐車スペースもテストを行う

    マクドナルドのドライブスルー構想。

      マクドナルドのドライブスルー構想。

      McDonald's

      McDonald's

      関連記事

      マクドナルド、植物由来メニュー「McPlant」を発表…「Mc」を付けたことの意味は大きい

      関連記事

      マクドナルドのソフトクリームマシン問題を解決! マシンの状態をリアルタイムで知るサイト

      [原文:McDonald's unveils the future of its business, from minimalist packaging to high-tech, triple-drive thru stores]

      (翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください