logo |

ニュース

    トップページ   >     オリジナル    >     コンテンツ

    大統領選挙が与える為替への影響とは?値動きを予想してみました。

      大統領選挙は民主党候補のバイデン氏の当選が確実になりました。そのため、今回の大統領選の結果が今後の為替にどのような影響を与えるのか気になっている人も多いでしょう。そこで、大統領選後の為替への影響について見解を述べていきたいと思います。

       1.2020年の大統領選挙は民主党候補のバイデン氏が当選!

      2020年の大統領選挙は民主党候補のバイデン氏が当選しました。民主党が政権を取るのは2012年にバラク・オバマ大統領が再選したとき以来です。バイデン氏当選後の為替の影響はどうなるのでしょうか?

       1-1.バイデン氏当選でドル安円高に振れる可能性が高い

      バイデン氏当選の動きは、市場から歓迎されています。実際に、選挙日前日から1週間後の株式指数や為替の値動きは以下の通り、いずれも良い結果となっています。 11月2日 11月12日

      日経平均株価 23,295円 25,520円

      NYダウ 26,925ドル 29,080ドル

      ドル円 104.71円 105.12円

      そのため、バイデン氏当選の影響で、このまま為替もドル高円安になるのではないかと考えるのが自然かもしれません。

      しかし、筆者は、逆にドル安円高になる可能性が高いと読んでいます。なぜなら、長期目線で見ると、ドル円は円高に向かっているからです。

      以下のチャートはドル円の週足です。ドル円は4月から下落基調が続いており、大統領選後に上昇したものの押し戻されています。

      (画像①)

    大統領選挙後の為替の影響記事画像①.png

      次のチャートは日足ですが、レジスタンスラインで上値を抑えられただけではなく、ローソク足の形からレジスタンスライン付近では、売りと買いが拮抗しています。

      (画像②)

    大統領選挙後の為替の影響記事画像②.png

      そのため、レジスタンスライン付近では上値が重くなり円安には傾かないのではと考えています。

      1-2.敗北したトランプ氏の訴訟次第ではもう一波乱ありそう

      また、今回の大統領選挙で敗北したトランプ氏の訴訟も気になるところです。確率は低いですが、訴訟が行われ、投票作業の再集計が行われた場合、今後の為替の動きにはプラスに働きません。

      むしろ、世界の景気を決める米国の大統領が決まらない事態になれば、世界経済にも悪い影響を与えるでしょう。

      そのため、まずは、トランプ氏の訴訟が認められないなど、市場にポジティブな動きがあるまでは、円安と決めつけてトレードをするのは避けるべきです。

      2. 大統領選挙後の為替の値動きはどうなるのか?

      ここからは過去に大統領選挙後の値動きがどうだったのか、順番に振り返りたいと思います。

      まずは、リーマンショック真っ只中だった2008年11月4日以降の大統領選挙後の値動きです。

      (画像③)

    大統領選挙後の為替の影響記事画像③.png

      バラク・オバマ氏の当選は、世間に明るいニュースでしたが、リーマンショックの影響が強く、1ドル88円まで下落しました。

      その後、1ドル99円まで上昇しましたが、結局約2年後には1ドル76円まで下がっています。

      次に2012年11月6日の大統領選後の値動きを見てみましょう。

      (画像④)

    大統領選挙後の為替の影響記事画像④.png

      大統領選挙後、ドル円の値動きは右肩上がりに上昇しています。選挙直後82円台でしたが、2015年には122円まで上昇しました。

      大統領選挙後はドルが高くなるといわれる例ですね。

      最後に、2016年11月8日の大統領選挙後の値動きを見ていきましょう。2016年の大統領選挙では大方の予想を覆し、ドナルド・トランプ氏が勝利しました。

      (画像⑤)

    大統領選挙後の為替の影響記事画像⑤.png

      当日つけた最安値が101円前後ですが、トランプ氏当選からわずか数週間で1ドル118円まで上昇しました。

      ただ、その後はやや下がりながらのレンジ相場に移行しています。

       3.トランプ氏の訴訟の動きも見定める必要がある

      2020年の大統領選はバイデン氏の当選で決まりました。ただ、これまでのドル円の値動きの状況では、一本調子にドル高にならない可能性があり、むしろ円高が続く可能性があります。

      また、トランプ氏が訴訟を起こす構えを見せているため、訴訟が落ち着くまではドル円の値動きは乱高下するかもしれません。

      ●ライター名:ナオミ

      ●プロフィール

      2012年からFXを開始。ブロガー兼YouTuberとしても活動。ブログでは500記事以上、YouTubeでは200本以上の動画を投稿。FXでは、100万円の大損で一旦退場するも再スタート。スイングトレードをメインに、堅実な投資をおこなう。よく使う時間足は日足、テクニカル指標はケルトナーチャネル・ボリンジャーバンド・モメンタムの3つ。慶應義塾大学・経済学部卒。

      ●プロフィール画像

    ナオミのアイコン.png

      ●サイトURL

      Twitter:https://twitter.com/NAOMI_fxsalon

      YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCged-CV-uYPG95KiXnNAT3A

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください