logo |

ニュース

    トップページ   >     業界    >     コンテンツ

    今週発売:iPhone 12シリーズ+現行モデル全機種比較:Proシリーズの進化と第2世代SEの「買い」考察

    概要:既に一部モデルは予約を開始しているアップルのiPhone 12シリーズ。12シリーズ以外にも3機種が現行モデルとしてラインナップされているが、その違いは何か、一覧表で解説。
    iPhone

      アップルはiPhone 12シリーズの発表で、現行の発売モデルを7つにまとめた。

      出典:アップル

      アップルが10月13日(現地時間)に発表したiPhone 12シリーズの4機種。

      既に10月16日から「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」については予約が始まったが、「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」は11月6日から予約開始となっている(発売はそれぞれ予約開始から一週間後)。

      iPhone 12シリーズといっても、4機種は画面サイズはもちろん、本体サイズや重量、カメラのスペックなどが細かく違う。また、アップル直販サイトでは旧機種である「iPhone XR」「iPhone 11」「iPhone SE(第2世代)」も併売と、製品展開はやや複雑だ。

      どれを買うのが自分にピッタリなのか?

      性能と装備の違いを一覧できる比較表にまとめると、共通点とその違いが非常によくわかる。

    Advertisement

      {10}

      iPhone 12シリーズの差は、「望遠レンズ」「LiDARスキャナーの有無」「画面サイズ」の違い

      {10}

    新モデル比較表

      ※画像をクリックすると大きな画像で表示します。

      作成:Business Insider Japan

      最新のiPhone 12シリーズの4機種選びで、最初の分岐点になるのは背面カメラの望遠レンズとLiDARスキャナーの有無だ。

      12/12迷你如在苹果本身的演奏13天描述是,存在的处理性能的速度没有差别。如果要到显示和体型12个迷你的面积小,大的显示尺寸,电池也是一个条件是说,如果12 您喜欢保持在一定程度上提供优先。

      在12 Pro和12临最大,广角透镜的光学手是标准抖动校正是有很大的区别。

      来源:苹果 在另一方面,之间的差异12的Pro / 12临最大看到越细稍复杂。除了屏幕尺寸,因为不同的是“后置摄像头的规格。”

      传感器位移OIS具体地,12临最大的方向的新的安装广角镜头侧(SLR龟也安装在先进的光学图像稳定)安装。 为

      一个远摄镜头12临焦距52毫米,12临最大成为65毫米,12朝向临最大可以拍摄较高的变焦倍率。

      这是很难讨论是否不必要或不解决此需要在目前阶段,可以说一个比的 iPhone 11临代的,由照相机的性能来了填充有狂良好下,这一点。如果你想寻找比更高的相机性能,但12 Pro的最大伊智択将应予以考虑。

      虽然,给定相机性能轴(朝向非最大)12临略微站立姿势是不可否认的是模糊的印象。

      除Pro以外的阵容和 “12个迷你” SE(第二代)是特性

      {27} ※如果单击图像以显示一个大的图像。 {} 27 创建:商业内幕日本 外临{15}

      遠くをより鮮明に撮影できる望遠レンズやARや暗所時のフォーカススピードに影響するLiDARが必要であれば、12 Pro/12 Pro Max。必要でなければ、12/12 miniとなる。

      {15}{16}

      12/12 miniはアップル自身が13日の発表会で説明したように、処理性能の速度に違いはない。ディスプレイや本体サイズの小ささを優先させたければ12 mini、ディスプレイサイズが大きく、バッテリーもある程度保つ方がよければ12と言った具合だ。

      {16}

      {18}

    iPhone

      12 Proと12 Pro Maxでは、標準となる広角レンズの光学手ブレ補正が大きく違う。

      {18}

      出典:アップル

      {21}

      一方、12 Pro/12 Pro Maxの違いは、細かく見るとやや複雑だ。画面サイズ以外にも「背面カメラの仕様」が違うからだ。

      {21}{22}

      具体的には12 Pro Maxの方が広角レンズ側に新搭載となるセンサーシフトOIS(一眼カメラにも搭載される、高度な光学手ブレ補正)を搭載。

      {22}{777}

      望遠レンズは12 Proが焦点距離52mmに対し、12 Pro Maxが65mmとなっており、12 Pro Maxの方がズーム倍率を高くして撮影できる。

      {777}{24}

      このあたりが必要か不必要かを現段階で議論するのは難しいが、1つ言えるのはiPhone 11 Pro世代よりも、カメラ性能によりマニアックなこだわりを詰め込んだ来ている、ということ。より高いカメラ性能を求めるのであれば、12 Pro Max一択だを検討するべきだろう。

      {24}{25}

      一方で、カメラ性能を軸に考えると、(Maxではない方の)12 Proはやや立ち位置が曖昧な印象が否めない。

      {25}{26}

      Pro以外のラインナップでは「12 mini」とSE(第2世代)が特徴的

      {26}{27}

    中〜高価格帯

      ※画像をクリックすると大きな画像で表示します。

      {27}

      作成:Business Insider Japan

      {30}

      続いて、Pro以外の現行モデル(アップル直販サイトで発売中のモデル)を比べてみよう。

      {30}{31}

      XR、SE(第2世代)、12 mini、12を比べると、CPUの世代の違いも目立つが、やはり12 miniのコンパクト+高性能さが非常に印象的だ

      {31}

      では、中〜高価格帯で12 mini一択かと言われると、見逃せない重要なポイントがある。それは「予算」だ。以下が、アップル直販サイトの本体価格になる。実は、ハイエンドのProシリーズを除いても、かなり価格に幅があることがわかる。

    •   iPhone XR(64GB)……5万4800円(税別)

    •   iPhone 11(64GB)……6万4800円(税別)

    •   iPhone SE 第2世代(64GB)……4万4800円(税別)

    •   iPhone 12 mini(64GB)……7万4800円(税別)

    •   iPhone 12(64GB)……8万5800円(税別)

    Touch

      iPhone SE(第2世代)は、Touch IDの使える唯一の現行iPhoneとなった。

      出典:アップル

      iPhone SE(第2世代)は、CPUも1世代前に留まり、マスクを着けたままでも生体認証が使える「Touch ID」(指紋認証)を現行iPhoneでは唯一搭載する。

      安さだけでなく、以上のような使い勝手も加味するならば、SE(第2世代)は十分に選択肢に入る。

      一方で、iPhone 11とiPhone XRは、いまやあまりオススメできる要素がない。あえてこの2機種を選ぶ理由があるとすれば、「画面は大きい方が良いが、7万円以上は出せない」という場合のみだ。

      予算の大幅アップをしてより長く使える12を選ぶか、画面サイズを犠牲にしてSE(第2世代)を選ぶ方がいいだろう。

      Proで選ぶなら、発売時点の価格も前より安い12 Pro

    Proシリーズ

      ※画像をクリックすると大きな画像で表示します。

      作成:Business Insider Japan

      最後に、iPhone 11 ProシリーズとiPhone 12 Proシリーズを比較したい。

      {51}

      11 Proシリーズは既にアップル直販サイトでの取り扱いはないが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクでは販売されている。

      {51}

      スペック表を見ても分かるが、12 Proシリーズは11 Proシリーズに比べて進化しており、11 Proシリーズを買うべき理由は見当たらない。

    Dolby

      最大60fpsのDolby Vision対応HDRビデオ撮影ができるのも12 Proシリーズだけ(12/12 miniでは最大30fps)。

      出典:アップル

      とくに、11/12 Proでは画面サイズを大きく薄型に、11/12 Pro Maxでは重さはそのまま、ディスプレイサイズも大きく、カメラの性能も上がっている。

      また、金額面でも発売当時のものと比べると、為替の違いはあるとはいえ、12 Proシリーズの方が安い。

    •   iPhone 11 Pro(256GB)……12万2800円(税別)※2019年9月11日時点の直販価格

    •   iPhone 11 Pro Max(256GB)……13万5800円(税別)※2019年9月11日時点の直販価格

    •   iPhone 12 Pro(256GB)……11万7800円(税別)

    •   iPhone 12 Pro Max(256GB)……12万8800円(税別)

      11 Proシリーズに3キャリアや販売店によって大幅な割引がされない限りは、最新の12 Proシリーズを買うのが、明らかに賢い選択だ。

      関連記事

      {67}

      「iPhone 12 mini」は片手で持てるiPhoneの本命。激戦区である「7万円台5Gスマホ」にアップルも参戦

      {67}

      (文・小林優多郎)

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください