logo |

ニュース

    ホームページ   >     業界    >     本文

    ECBのマクルーフ氏、追加緩和の必要性示す兆候はまだない

    概要:欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、アイルランド中銀のマクルーフ総裁は、ECBが追加緩和に踏み切る根拠は現在は見当たらないとした上で、2週間後の次回金融政策会合までに見通しが変化することはあり得ると語った。

      欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、アイルランド中銀のマクルーフ総裁は、ECBが追加緩和に踏み切る根拠は現在は見当たらないとした上で、2週間後の次回金融政策会合までに見通しが変化することはあり得ると語った。

      マクルーフ氏はブルームバーグTVのインタビューで、「引き続き絶対に慎重でなくてはならない」と警戒感を示し、「前回の経済予測発表から1カ月経ったが、今のところ金融政策に関して当局の方針を変更させるような新たな兆候は見られない」と述べた。

      ECBの次回金融政策会合は10月29日に行われる。

      マクルーフ氏は「異例な状況の中で生活している。今の不確実性の高さは恐らく過去に例がない」と述べ、景気が二番底に陥るリスクは常にあると続けた。「ありえない展開など一つもない」と、同氏は語った。

      関連記事:

      ECBのレーン氏、インフレリスクは下方向-ロイター

      ECBのビスコ氏、政策の早期引き揚げを回避する必要がある

    Japanese Yen

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand

    United States Dollar

    • United Arab Emirates Dirham
    • Australia Dollar
    • Canadian Dollar
    • Swiss Franc
    • Chinese Yuan
    • Danish Krone
    • Euro
    • British Pound
    • Hong Kong Dollar
    • Hungarian Forint
    • Japanese Yen
    • South Korean Won
    • Mexican Peso
    • Malaysian Ringgit
    • Norwegian Krone
    • New Zealand Dollar
    • Polish Zloty
    • Russian Ruble
    • Saudi Arabian Riyal
    • Swedish Krona
    • Singapore Dollar
    • Thai Baht
    • Turkish Lira
    • United States Dollar
    • South African Rand
    現在のレート  :
    --
    金額を入力してください
    Japanese Yen
    両替できる金額
    -- United States Dollar
    リスク警告

    WikiFXのデータベースは各国の規制当局のオフィシャルデータを入手しており、例えばイギリスFCA、オーストラリアASICなど、公表されている内容はすべて公正、客観と事実を主旨としています。WikiFXはデータを各監督官庁などのオフィシャルデータとの一致性と同期性を維持に最大限の努力をしておりますが、リアルタイムに一致すること確約するものではありません。

    外為業界の複雑性により、個別なFXブローカーが詐欺手段により監督官庁から合法登録を入手するのを排除できません。WikiFXで公表しているデータが実際の狀況と異なる場合、WikiFXの“クレーム”と“修正”機能で、お知らせください。我々は速やかに確認し、関連結果を公表します。

    FX、貴金屬とCFD(OTC)取引はレバレッジを利用して行う取引であり、ハイリスクハイリターンの商品であり、投資にあたり元金以上の損失が発生する可能性があります。リスクを理解し投資してください。

    特別注意事項:WikiFXでリストしている情報は參考であり、投資アドバイスではありません。お客様ご自身の責任で投資及び取引を行ってください